更新情報

保育園訪問2019年6月28日

横手北中学校の2年生が家庭科授業の一環として「保育園訪問」を行い、当園に来園しました。
生徒さんから「乳幼児とたくさん触れ合って遊びたい」と要望があり、各クラスに分かれて戸外遊びやあやとり遊び、氷鬼やじゃんけん列車などのゲームを行い交流を深めました。途中でクラスを移動する時間を作り、「年齢毎の成長の姿を見ることが出来て良かった」との感想も聞かれました。在園児は中学生と触れ合うことで憧れを持ち、自分の成長に見通しを持つことにつながり、中学生は自分の幼少期を思い出すことで自分が大切にされて育ってきたことを知り、地域や周囲の人への感謝の気持ちをもつ機会となりました。
今後も異世代間交流を積極的に行いながら地域交流や、ふるさと教育の基盤づくりをしていきたいと思います。